求めたのは運転の楽しさ

 

以前はホントに数々のツアラー用ナックルを試してきました

でもどれもそれほど差が感じられず、どれも同じようなクセがあります

そのクセとは

初期のカウンターステアが間に合わない

どういうことかというと、ドリフトに持ち込もうときっかけを作るときに通常のナックルでは勢いよく振り出すとケツが追い越してスピンしてしまう場合があります

 

「今日は調子が悪いのかなぁ〜?なぜかスピンばかりしちゃうんだよな〜」

「気をつけていてもケツがスッポ抜けてスピンしてしまい危ない思いをした」

 

実は僕もそう思っていました

でも違いました! じっくりと考えた結果

ツアラーのアップライトの位置関係がもともとそういう設計だったんです

なぜ?

独自の見解ではありますが、当時のトヨタの技術者はこう考えたのかもしれません

安全上の問題で、このようなハイパワーFR車が高速走行時にスリップして操作不能になってしまった場合、いち早く収束させる手段は何か?

そうですスピンさせることです

そこであえてフロントタイヤの復元性(セルフステア)のキーとなる「トレール」をあえて少なく設定したのです

左側が純正ナックル、右側が当社ナックル 進行方向は向かって右側

この画像からトレールを分かりやすく線を使って説明いたしますと

タイヤが転がる車軸を軸に路面から垂直にのびた線とアームの支点間との線が交差して開いた差が「トレール」です

トレールがあればあるほど車はまっすぐに走りたがります。そして同時に切りこんだハンドルが戻ってきやすくなるのです

ところがどうでしょう?純正ナックルの位置関係ではトレールはほとんど生み出されていないことが分かります

これでは高速走行時にフラフラしたり、ドリフト走行時にセルフステアが遅いのも納得ですね

 

アームの支点間の線はキャスターをあらわしています

なのでキャスターをつければ同じ事でしょう?と当初は考えていましたが、根本的にトレールが少ないので効果は薄かったです

発案当初、単純に画像右側のようにずらしてみたんですが、走ってみてその効果は絶大でした

 

運転が楽しくなった!

 

本来ドリフトに特化したナックルなのですが、生み出されたトレールの効果はそれだけではありませんでした

すごくキャンバーを寝かしているのに高速走行が安定している!

今までのタイミングよりもハンドルの復元性(セルフステア)が早くなったので交差点を曲がることすら楽しく感じる!

車庫入れがすごく楽になった!(これは切れ角の効果)

 

ドリフトが楽しくなった!

 

セルフステアの重要性がものすごく分かりました

今まで感じていた「いつスピンするか予測がつかない」「スッポ抜けそう」みたいな不安はいっさい無くなりました

そこが解消されたとたんに本来のドリフトの楽しさが押し寄せてきて「もうなんでもできそう!」と思えました

このナックルを手に入れてからはスキルアップの早さが加速して行き、事実2年後にはD1ドライバーになることができました

 

意外にも好評なのがシルビアからツアラーにマシンチェンジしたユーザー

 

シルビアのフィーリングからするとツアラーのフィーリングはサイテーです

まったりしすぎててクイックに動かない

ケツが長いし重い

パワー上げれるけどこのフィーリングでは操作がどんどん大変になっていきそうだ ・・・等々

ところが、そんな元シルビアユーザーも当社ナックルは大変好評いただいております!

 

他のナックルに乗れなくなった

 

競技においてナックルはとても重要な役割を担っています

タニグチナックルに乗り馴れた当社サポートドライバーがたまたま他のドライバーのチェイサーに乗る機会があったが

動きがじれったくて乗れない

自分の車よりパワーはある車だしアクセルを踏めるナックルであることは認めるが

振り出しと振返しで自分でハンドルを回さなくてはならない要素が多いため思うようなとこに行かない

結果的にタイミングが違いすぎて戦力にならない

と彼は感じました

 

 

アルミ製では強度面が不安?

 

当初はスチールの45Cや50Cといった素材の金属で開発しておりましたが、縁石に乗り上げて曲がってしまう事が多々ありました

ナックルというものは少しでも曲がってしまうとその特性がガラッと変わってしまうので、安定した品質を提供するためにはもっともっと強度のある素材を使わなくてはなりません

45Cや50Cはすごく安価なマテリアルですが、それらより曲がり強度に強い素材はとても高価でステンレスやチタンといった材質が必要となってきます

そこで目をつけたのが航空機用のジュラルミン。数値上、曲がり強度はステンレス並みに強くその上軽量といったメリットがあります

航空機用ジュラルミンでも様々な種類がありますが、中でも一番高価なA7075を当社はチョイスいたしました

GT500のレーシングカーにもA7075は様々な箇所に利用されておりますので強度的には申し分ありません

 

 

 

用途により2種類のナックルをご用意しております

 

 

 

 

SPEED-MASTER

speed-masterはあなたの車に「振り返しの素早さ」を提供してくれます

他社製では考えられないほどのクイックさを与えておりますので運転の楽しさを存分に体験してください

逆間接にならないギリギリの切れ角を与えておりますのでフルアームを入れなくてもOK

ただし、タイヤ位置が後方に15mmずれますので前方に移動させる手段が必要です

オススメは

YURA-MODEよりリリースされている「YURA延長ロアアームtypeダンディー」

社外調整式テンションロッド 等

YURA-MODEとのコラボ企画でタニグチナックルと同時購入の場合には10%OFFさせていただきます

 

¥41800(税込み)

ANGLE-MASTER

もしあなたが競技で負けたくない相手がいたとしたら、ANGLE-MASTERは有効な手段だと考えます

フロントタイヤ可動範囲の限界の切れ角をもたらすことにより、さらなるパワーアップも可能です

たとえ1000馬力の車でもこのナックルを不満に感じることは無いでしょう

ただし、フロントのアーム類はすべて調整式に交換する必要があります

ステアリングラックも前側に移動させて逆間接を防いでください

ANGLE-MASTERとYURA延長ロアアームtypeダンディーは相性が悪く切れ角が減ってしまうため

YURA延長ロアアームtypeストレート35mmと社外調整式テンションロッドとの併用をオススメいたします

 

セッティングが決まった時はきっと異次元の角度に挑戦できることでしょう

 

¥41800円(税込み)

 

付属品

4.5mmキレカクUPワッシャー 1組

専用ボルト 4本

セッティングマニュアル

ANGLE-MASTER装着車両

ノーマルナックルとの分かりやすい比較動画をご用意しました ぜひご覧ください